2006年09月21日

シャトー・アチュー

続いては
古城跡シャトー・アチューへ バス
ここでは虐殺はされていないそうですが
レンヌ派の住んでいた古城です。

DSC00891.JPG

3階建ての建物の中を上ります。
窓を開けたり
自由に散策。
でもね
私はなんだか息苦しくなってしまって
早々に外に出ました。
どうしてかな。
広い庭をゆっくり歩いていると
(庭といっても高山植物みたいなのが
細々と生えているだけなんだけど)
草にてんとう虫がとまっているのを見つけました 黒ハート
なんとなくラッキーサインのような 黒ハート黒ハート
シャトー・アチューを出ると
一枚の羽根のような
美しい雲が青空に 晴れ

DSC00892.JPG

シテ城近くのホテルに戻りました。
今日は私も皆と一緒のホテルに泊まれます。
部屋に入ると私とマイケルヨーコちゃん(仮名)は
「ベッドが二つあるよ!」
「部屋にトイレがあるよ!」
「バスタブもあるね!」
「冷蔵庫もある!」
と大感激 exclamation×2
あまりにも感激したマイケルヨーコちゃんは
冷蔵庫からビールを取り出して
祝杯をあげようとしたけれど
栓抜きがなくて断念 ビール

DSC00895.JPG

ディナーは川沿いのシテ城が見えるオープンレストランで レストラン
ロマンティックな場所だけど
もっぱらの話題は歴史でもスピリチュアルでもなく
私たちの昨夜のホテルのこと
主にムッシュリー(仮名)とオリビエが過ごした一夜について グッド(上向き矢印)
ネタにして、大笑いした後
「ムッシュリーもオリビエと友情が育めてよかったわね」
と穴口さん。
すかさず
「いいえ、友情じゃなくて愛情です 揺れるハート
とムッシュリー。
くぅ〜 ー(長音記号1)
本当にゆかいな仲間たちです わーい(嬉しい顔)

食後はシテ城の中を散歩 夜
21時過ぎてもう真っ暗だったけど
城内は明るく
開店しているお店も多数 プレゼント
そう、シテ城の中は
町になっているのです。
教会ばかり巡っていたので
お城の中はとても新鮮でした かわいい
今度は明るい時にまた行きたいな。


posted by クミコ at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。